菊花賞(京都・芝・外3000)

競馬予想

3歳牡馬クラシックの最終戦。

皐月賞馬、ダービー馬をはじめとする春の実績馬と、夏に成長してきた上がり馬が激突する、「3歳最強馬決定戦」とも言うべき一戦です。

トライアルは「セントライト記念」「神戸新聞杯」で、特に神戸新聞杯組が好走する傾向があります。

京都の芝、中・長距離実績のある馬は要チェック。
直線が平坦なコースなので、ある程度好位に付けられる馬の方が優位です。

頂上決戦ですから、前走好走も必須条件となります。

長距離レースは折り合いとスタミナが重要で、騎手の腕によるところも大きいと言われます。さらにGⅠという大舞台で、経験の浅い3歳馬たちが大観衆の歓声に驚くことなく実力を発揮できるかどうかもポイントとなります。

また、3000Mという距離を走り抜くには血統も大切な要素であり、過去の菊花賞では特にサンデーサイレンスの血が活躍しています。

15.天皇賞(秋)(東京・芝・2000)

このページの先頭へ