天皇賞(秋)(東京・芝・2000)

競馬予想

 春の実績馬に加えて、夏に力をつけた上がり馬、成長著しい3歳馬の中から、マイラーからステイヤーまで多くの有力馬が参戦してくる「秋の盾」。

かつては1番人気が崩れることで有名で、「府中の2000には魔物が棲む」などと言われました。

  休養明けの馬には厳しく、3、4歳の若い世代中心に活躍が目立ちます。

時期・距離が近い同年の宝塚記念で好走した馬を中心に、東京・芝・2000のコース実績も要チェック項目です。

逃げ切ることは難しく、上がりの速い馬が馬券に絡んできます。

春・秋を連覇した例は、タマモクロス(1988)、スーパークリーク(1989)、スペシャルウィーク(1999)、テイエムオペラオー(2000)、メイショウサムソン(2007)の5頭。

16.エリザベス女王杯(京都・芝・外2200)

このページの先頭へ