中山大障害(中山・障害・芝・4100)

競馬予想

 伝統の名称を今に引き継ぐ、JRA最古の障害重賞で、「華の大障害」とも呼ばれています。

  春に行われる中山グランドジャンプに次いで長い4100M、道中には中山障害コース名物の大竹柵、大生垣といった難障害が設けられ、バンケット障害(坂路昇降)を6度も越えなければならないという、要スタミナのコースとなっています。

そのためステップレースを平地で使っている馬でも障害経験は必須で、オープンクラスでの好走実績が欲しいところです。

さらに最後の直線は平地の芝コースを使うので、平地での脚も重要になります。

TOPに戻る

このページの先頭へ