NHKマイルカップ(東京・芝・1600)

競馬予想

かつては「マル外ダービー」などと呼ばれたほどでしたが、外国産馬に対する規制緩和と、内国産種牡馬の活躍に伴い、外国産馬の出走が減ってきました。

その年によって、展開や傾向が大きく変わり、予想が難しいレースという印象も強く、17番人気のピンクカメオが1着になった2007年には、3連単973万9870円という高配当が出ています。

  東京マイル戦という意味では、スタミナと持続する末脚が要求されますから、マイルより長めの距離に実績のある馬が好走する傾向があります。

さらに、後方から差しきるような競馬をする、長く良い脚を使えるタイプは要チェック、というわけです。

毎年、速い時計で決着する傾向があります。特に、上がりの速い馬が馬券に絡んできます。

7.ヴィクトリアマイル(東京・芝・1600)

このページの先頭へ